CMS(コンテンツ管理システム)で、簡単にホームページを管理 携帯電話から更新やブログの開設をサポート[ サイトマスター.jp - 愛知県名古屋市を中心にサービス提供中 - ]

HOME > システム開発・構築 > CMS(コンテンツ管理システム)
CMS(コンテンツ管理システム)

CMS(コンテンツ管理システム)の基本情報

ワンソースマルチユースで情報を効率的にかつ戦略的に活用

ウェブによる企業の情報発信のニーズが高まっています。最新の情報を目的としてサイトを訪れるユーザが増えているということです。
ただ、従来のサイト構築手法では、サイト更新作業は専門の知識を持った人間のみで行うしかなく、また携帯サイトや社内グループウェア、基幹システムなど、コンテンツの更新を複数行う必要があるなど、さまざまな障壁がありました。

そのような障壁を十分ヒアリングさせて頂き、状況に合わせた最適なCMS(コンテンツ管理システム)をご提案させて頂きます。
CMSとは、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアです。
CMSを導入すれば、サイト管理者はHTMLなどの知識を必要としなくても、簡単にWebサイトの内容を更新することが可能になります。 また、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった煩わしい作業からも解放されます。
ご要望にあわせ、基幹システムとの情報連携や携帯サイトや別サイトなど、ワンソースマルチユースの実現にも対応致します。

更新頻度を高め、トラフィックの大幅増加へ貢献

従来の更新方法より、時間とコストを大幅に削減できるとともに、Webサイトを強力な営業ツールへと変身させることができます。
常に最新の情報や役に立つ情報があることがウェブサイトを訪れるユーザの再訪問のきっかけに繋がります。
また、手作業時に発生していたリンク切れなどケアレスミスの軽減に貢献します。

複数の担当者で自由に更新したい

例えば全国に複数の営業所をお持ちの企業様や、部署ごとに担当者を設けてwebサイトの更新をお考えの企業様にとっても、CMS(コンテンツ管理システム)がおすすめです。
担当者ごとに、ID、PASSを持たせることができ、どこまで触ることができるかの権限も設定できるので、誤って他のページを更新してしまったり、テンプレートを崩してしまうような心配がありません。

サイトの一部をブログにしたい

大規模サイトや複雑なシステムが絡むサイトで、すべてをブログ化するのが無理な場合にも、What's Newや連載のコラム、イベント情報など、更新性の高いコンテンツだけを現在のサイトデザインに沿った形でブログ化することが可能です。

PCサイトと携帯サイトを連動させたい

PCサイト用に更新した内容を、そのまま携帯サイトにも反映したい場合があると思います。そんな時でもCMS(コンテンツ管理システム)を使用した場合では、携帯サイト用のテンプレートを用意することで実現できます。

その他にもCMSの可能性は無限大

CMSには他にも様々な利点や可能性が秘められています。
「こんなこと出来るの?」や「ここを改善したいけど、どうしたらいいかわからない」といったご質問もお待ちしております。

まずはお気軽にお問い合わせください

[2]CMS開発対応ツール

PAGE UP